KOHSEN PARTICLES

KOHSEN PARTICLESは壁へ光を当てると、そこへ向かって粒子(Particle)が集まってくるインタラクティブな作品です。光を動かすと粒子が光を追随していきます。他の幾つかの作品同様、見るだけではなく、実際に遊ぶことができる参加型の作品を目指しました。

ウェブカメラで捉えた光をProcessingというプログラミング言語を用い,リアルタイムで処理しているので、携帯のライトや懐中電灯など、特殊なデバイスを用いることなく遊ぶことができます。今回は、室内での展示型のイベント(Tama Art Night)を開催し、そこに出品しましたが、屋外の大きな壁を使って、より多くの人に同時に参加してもらうことも試みてみたいと思っています。