サンタさんになりたい

従来の「○○を探して遊ぶ」絵本に新しい要素をプラスした新感覚の絵本です。見つけたものが3Dで飛び出すだけでなく、その3Dモデルをヒントにパズルを解いていくことで、読者自身が絵本の物語に直接参加している感覚を楽しむことが可能になりました。

絵本にはjunaioというAR(Augmented Reality:拡張現実)機能を簡単に利用できるスマートフォンのアプリとMetasequoiatoという3Dモデル作成ソフトで制作しました。junaioのカメラで絵本の絵柄を読み込むことによって、その画像と結び付けられた3Dモデルが絵本上に出現します。絵本の中の「○○を探す」ページは大きめに作成してあるので、スマートフォンを持ち寄り、複数人でワイワイと楽しむこともできるようになっています。