Shooting Time

私たちはカメラロールにある写真を時間ごとに並べるというiPhoneアプリを制作しています。写真を時間ごとに並べる事で、自分の生活から新たな発見ができたり、自分の時間ごとの行動パターンを知る事ができ、新たな角度から自分を再発見することができます。

利用シーンとして「自分の生活スタイルが振り返られる」「ユーザー間のコミュニケーションを促進する」などを想定しています。従来のように写真を時系列で振り返るのではなく、写真の撮影時間で振り返ることで、私たちも想定していなかった新しい使い方が次々と生まれていくようなユーザー体験が起きることを期待しています。このアプリを使った人が「新たな時間の振り返り方」という魅力を感じられるものを目指しています。